C-HRのOBD取付け位置は?パーツは?トラブル・注意点は?

C-HRのカーパーツ・カー用品

C-HR 1

C-HRのOBDについて

C-HRはOBDで車両情報を管理しています。

OBDとは、オン・ボード・ダイアグノスティックの略。
(自動車の自己診断機能)

OBDのコネクターに専用端末を接続すれば、
車のデーターが取り出せるというものです、
最近の車には、ほとんど搭載されています。

 

自己診断機能は、整備に使われますが、
最近では、カーパーツもOBD接続し、
データを使用する商品が増えています。
 

例えば、
「社外品メーター」「レーダー」などです。
 

OBDからは、車速や油温・水温などのデーターが取り出せるので、
液晶DPやスマホで見れるような商品も存在しています。

このようなデーターを表示させることで、
車が一気にスポーティーに仕上がり、
車のドレスアップ・チューニングにも人気です。
 

しかも、OBD接続は、
取付も簡単に行うことが可能!
 

昔ならセンサーを接続して、
配線をエンジンルームから引き込んだりしていましたが、
OBDを使用すれば、カプラー接続でOKです。

現在はドレスアップでも、
OBDは便利な部品です。

C-HRのOBDの位置は?

運転席の足元右側です。
ボンネットオープナーの近くにあります。
C-HRのパーツ取り付けに関しては、
このような商品を参考にするといいです
⇒ C-HRのパーツ取付・取り外し・DIY作業で困ったら・・・

C-HRのOBDの注意点は?

レーダー装着時などの際、C-HRハイブリッドは注意が必要です。

OBD2は通常のTOYOTA専用のケーブルは使用できず、
プリウス50系などのハイブリッドにも対応してるパーツが必要になります。
 

C-HRのOBD接続パーツは、
ガソリン車とハイブリッド車が分かれている商品もありますので、
購入時には注意してください。

 
OBDは簡単に装着できますが、
パーツによってはトラブルの原因になる場合もありますので、
適合確認はしっかり行ってください。

C-HRのOBD接続パーツ

⇒ C-HR専用 車速ロックキット
⇒ トムス 電子スロットルコントローラー L.T.S.lll

 
いかがでしたか?
今回は、「C-HRのOBDについて」紹介しました。
パーツ選びの参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です