C-HR用(NGX50)RS-R車高調 ベストアイのソフトとハード仕様の比較

C-HRのカーパーツ・カー用品。

C-HR

RS-R車高調

足回りパーツで有名なRS-Rの製品です。
ダウンサスや車高調が数多くの車種設定があります。

C-HR用の設定もあります。

C-HR(NGX50)4WDの「ソフト仕様」と「推奨仕様」と「ハード仕様」を比較してみました。

(ZYX10 FFは落ち幅が違いますので注意してください)

RS-R車高調 Best☆i

特徴は、
・車高調整幅が広い
・フロント減衰力24段調整
・全長調整

Best☆i車高調には、通常タイプ以外に、
ハード仕様とソフト仕様があります。

 

RSR 車高調 Best☆i [ソフト仕様]

RSR 車高調 Best☆i [ソフト仕様]

推奨車高調整幅(mm)
フロント -20~-65
リア -15~-65

推奨車高(mm)
-40~-45
-45~-50

最大調整幅(mm)
0~-90
-15~-65

バネレート(kg/mm)
5.00
5.00

 

RSR 車高調 Best☆i [推奨仕様]

推奨車高調整幅(mm)
フロント -20~-65
リア -15~-65

推奨車高(mm)
-40~-45
-45~-50

最大調整幅(mm)
0~-90
-15~-65

バネレート(kg/mm)
6.00
6.00

 

違いはバネレートの部分のみでした。

ソフトタイプが1kg/mm柔らかくなっています。

柔らかめがいい方は、ソフト仕様を選ぶといいです。

車高調の取付

工具と設備が必要なので、
自分で交換するのはおすすめではありません。

知識も必要なので取付難易度は高めです。

C-HRのパーツの外し方や取り付けに関しては
このような商品を参考にするといいです
⇒ C-HRのパーツ取付・取り外し・DIY作業で困ったら・・・
 

「ハード仕様」と「推奨仕様」の比較
 

RS-R車高調

RS-Rのベストアイ車高調には、
通常のモデル(推奨仕様)以外に、「ソフト仕様」と「ハード仕様」があります。

今回、
C-HR(NGX50)4WDの「ハード仕様」と「推奨仕様」を比較してみました。

(ZYX10 FFは落ち幅が違いますので注意してください)

RS-R車高調 Best☆i

特徴は、
・車高調整幅が広い
・フロント減衰力24段調整
・全長調整

Best☆i車高調には、通常タイプ以外に、
ハード仕様とソフト仕様があります。

 

RS-R車高調 Best☆i ハード仕様

RSR 車高調 Best☆i [ハード仕様]

推奨車高調整幅(mm)
フロント :-20~-65
リア: -15~-65

推奨車高(mm)
フロント:-40~-45
リア:-45~-50

最大調整幅(mm)
フロント:0~-90
リア:-15~-65

バネレート(kg/mm)
フロント:7.00
リア:7.00

 

RS-R車高調 Best☆i 推奨仕様

推奨車高調整幅(mm)
フロント: -20~-65
リア: -15~-65

推奨車高(mm)
フロント:-40~-45
リア:-45~-50

最大調整幅(mm)
フロント:0~-90
リア:-15~-65

バネレート(kg/mm)
フロント:6.00
リア:6.00

 

違いはバネレートの部分のみでした。

ハードタイプが1kg/mm硬くなっています。

硬めがいい方は、ハード仕様を選ぶといいです。

車高調の取付

工具と設備が必要なので、
自分で交換するのはおすすめではありません。

知識も必要なので取付難易度は高めです。

C-HRのパーツの外し方や取り付けに関しては
このような商品を参考にするといいです
⇒ C-HRのパーツ取付・取り外し・DIY作業で困ったら・・・

RSR車高調 Best☆i の最安値価格

楽天価格
⇒ RSR 車高調 Best☆i C-HR NGX50
 

ヤフーショッピング価格
⇒ RSR 車高調 Best☆i C-HR NGX50

 

C-HR用の車高調一覧はこちら

⇒ C-HRの車高調のメーカーと種類一覧
 

いかがでしたか?
今回は、「RS-R 車高調 」を紹介しました。
C-HRのローダウンにいかがでしょうか?

パーツ選びの参考にしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です