トヨタC-HRの車高調のメーカーと種類一覧。

2016年12月に発売された
トヨタ C-HR
C-HR

C-HRはSUVでありつつもスポーティー、高級感があるクルマ。

コンパクトでリフトアップされたかっこいいスタイルと、ハッチバックのようにキビキビ走るという意味の2つの言葉がC-HRの車名の元になっています。

C-HR
「コンパクトハイグライダー」+「クロスハッチバック」

 
そのC-HRには、様々な改造・カスタムパーツがあります。

今回は、クルマの車高を調整できるカーパーツの「車高調」を特集しました。

C-HRのインチアップ

車高調は、車の車高を落としたり、調整し、クルマをかっこよく見せることができるパーツです。

クルマの車高を落とすことで、クルマ全体が引き締まりスタイリッシュに!

車高調などでローダウンして、ホイールを変えるだけでも車は一気に変わります。

(ローダウン:車の車高を落とすこと)
 

今回、ローダウンに便利な車高調をまとめました。

現在、発売(開発)されている足回りのメーカ一覧ですので、パーツ選びの参考にして下さい。
 (今後も継続して更新していきます)

TEIN(テイン)

有名な足廻りのメーカーです。

「TE」 CHNICAL 「IN」 NOVATION(テクニカル・イノベーション/技術革新)の
最初の2文字を組み合わせて、『TEIN』

TEIN(テイン)は、自動車サスペンションをはじめとする自動車用品の製品開発、製造、販売を行っています。
 

C-HR用は2種類あります。
FLEX A DAMPER
FLEX Z DAMPER
 

テイン 車高調 FLEX Z DAMPER

有名足回りメーカー
テインの車高調です。

<FLEX Z DAMPER の特徴>
全長調整式:車高調整しても乗り味変化が少ない全長調整式
複筒式:低反発でたっぷりストロークを確保できる複筒式
減衰力調整式:リニアに変化する16段階の減衰力調整式
マウント付:車種別専用アッパーマウントが付属(一部車種を除く)

 
テイン 車高調 FLEX Z DAMPER
(1800cc FF用 ZYX10)

<対応車種>
C-HR
[型式] ZYX10
[年式] 2016.12~
[グレード] G/S
[エンジン] 1800
[駆動方法] FF
[スプリング付属] ○
[EDFC対応] ○
[減衰力対応] F:○/R:○
[全長調整] F:○/R:-
[マウント] F:○/R:○
[基準車高(mm)] F:-35/R:-45
[最大車高調整範囲(mm)] F:-70~-6/R:-83~-23
[推奨車高調整範囲(mm)] F:-45~-25/R:-55~-35
[基準スプリングレート(N/mm*Kgf/mm)] F:49.0*5.0/R:48.6*5.0
[基準スプリング自由長(mm)] F:200/R:260
[備考] FTの減衰力調整はショックアブソーバの取外しが必要です。FT/RRは手動での減衰力調整が困難なため、EDFCシリーズの同時装着を推奨。

テイン 車高調 FLEX Z DAMPER
1200cc 4WD

<対応車種>
C-HR
[型式] NGX50
[年式] 2016.12~
[グレード] G-T/S-T
[エンジン] 1200
[駆動方法] 4WD
[スプリング付属] ○
[EDFC対応] ○
[減衰力対応] F:○/R:○
[全長調整] F:○/R:-
[マウント] F:○/R:○
[基準車高(mm)] F:-45/R:-45
[最大車高調整範囲(mm)] F:-80~-16/R:-91~-35
[推奨車高調整範囲(mm)] F:-55~-35/R:-55~-35
[基準スプリングレート(N/mm*Kgf/mm)] F:49.0*5.0/R:48.6*5.0
[基準スプリング自由長(mm)] F:200/R:260
[備考] FTの減衰力調整はショックアブソーバの取外しが必要です。FT/RRは手動での減衰力調整が困難なため、EDFCシリーズの同時装着を推奨。

その他のテイン車高調

テイン 車高調 FLEX A DAMPER

有名足回りメーカーテインの車高調です。

<FLEX A DAMPER の特徴>
全長調整式(フロント):車高調整しても乗り味変化が少ない全長調整式
複筒式:低反発でたっぷりストロークを確保できる複筒式
減衰力調整式:リニアに変化する減衰力調整式

 
テイン車高調 フレックスA
(1800cc FF用 ZYX10)

対応車種

C-HR
[型式] ZYX10
[年式] 2016.12~
[グレード] G/S
[エンジン] 1800
[駆動方法] FF
[スプリング付属] ○
[EDFC対応] ○
[減衰力対応] F:○/R:○
[全長調整] F:○/R:-
[マウント] F:○/R:○
[基準車高(mm)] F:-35/R:-45
[最大車高調整範囲(mm)] F:-70~-6/R:-83~-23
[推奨車高調整範囲(mm)] F:-45~-25/R:-55~-35
[基準スプリングレート(N/mm*Kgf/mm)] F:49.0*5.0/R:48.6*5.0
[基準スプリング自由長(mm)] F:200/R:260
[備考] FTの減衰力調整はショックアブソーバの取外しが必要です。FT/RRは手動での減衰力調整が困難なため、EDFCシリーズの同時装着を推奨。

 
テインのC-HR用の車高調は、現在、2つのモデルがあります。

使用用途や価格など、自分の車にあったモデルを選ぶといいです。

RS-R(アールエスアール)

RS-Rは車高調の定番のメーカーで、数多くの車種設定があります。

もちろんC-HR用の設定もあります。

<C−HRの設定>
年式:2016.12~
型式:NGX50 1200
駆動方式:4WD
グレードG-T, S-T

年式:2016.12~
型式:ZYX10 1800
駆動方式:FF
グレードG, S
 

C-HR用のRS-R車高調は3つのモデルがあります。
・Best☆i
・Basic☆i
・Black☆i

※Basic☆iは、減衰力がありませんが低価格モデルです。

 

Best☆i

・フロント減衰力24段調整 リア36段調整
・全長調整
・単筒式

・RSR 車高調 Best☆i [ソフト仕様]

推奨車高調整幅(mm)
フロント -20~-65
リア -15~-65

推奨車高(mm)
-40~-45
-45~-50

最大調整幅(mm)
0~-90
-15~-65

バネレート(kg/mm)
5.00
5.00

 

RSR 車高調 Best☆i [推奨仕様]

推奨車高調整幅(mm)
フロント -20~-65
リア -15~-65

推奨車高(mm)
-40~-45
-45~-50

最大調整幅(mm)
0~-90
-15~-65

バネレート(kg/mm)
6.00
6.00

 
⇒ RS-R車高調 Best☆i(ベストアイ)のソフト仕様の最安値価格

RS-R 車高調 Black☆i ブラックアイ

有名足回りメーカーRS-Rの車高調です。

ブラックi専用となる超ショートストローク&超ショートケース仕様のショックを使用。

減衰力、スプリングレートと共にハード仕様を採用し、車体の無駄な動きを抑制して、迫力のダウンフォルムとシャープな走りを実現。
 

<RS-R車高調 Black☆i の特徴>
極低を目指す方の為の全長調整式車高調

C-HRの車高をより落としたい方に向けて作られた車高調です。

低車高を望まない方は、通常のRSR車高調の方がいいです。
 
RS-R 車高調 Black☆i ブラックアイ
(1800cc FF用 ZYX10)

<対応車種>
C-HR
[型式] NGX50
[年式] 2016.12~
[エンジン] 1196
[駆動方法] 4WD
[減衰力対応] F:○/R:○
[全長調整] F:○ 24 /R:○ 36
[マウント] F:○/R:○
[最大車高調整範囲(mm)] F:-40~-125 / R:-60~-110
[推奨車高調整範囲(mm)] F:-40~-90 / R:-60~-75
[基準スプリングレート(N/mm*Kgf/mm)]  F:8.00 / R:8.00 (レート変更可能 F:6~12 / R:6~12)

BLITZ DAMPER ZZ-R

BLITZ(ブリッツ)は、チューニングパーツメーカー。
サスペンションキット、電子パーツ、マフラーなど様々なパーツがあります。

C-HRの車高調の設定もあります。
 

・全長調整式、
・単筒式、正立式、
・減衰力32段調整式

■バネレート:フロント 5.0kgf/cm、リア 4.0kgf/cm
■アッパーマウント:フロント 強化ゴムマウント 、リア 純正
■基準ダウン量:フロント -44mm、リア -50mm
■車高調整範囲:フロント -80〜-20mm、リア -80〜-40mm (ハイブリッド用のデータです)

⇒ ブリッツDAMPER ZZ-Rの最安値価格
 

タナベ サステックプロ ZT40

タナベは、ホイール,マフラー,サスペンションなどを扱っているメーカーです。

(SUSTEC PRO ZT40 KIT)

有名なチューニングメーカーの「tanabe(タナベ)」の車高調です。

特徴はこのようになっています。
・全長式車高調
・減衰力 40段

・TVS(ツインバルブシステム)
低速域でのサポートバルブを備えた、ツインバルブシステムで低速から減衰力が滑らかに立ちあがります。
(KYBショックを採用)

◆全長式なので、乗り心地をキープしたまま車高を変えることができます。

 
タナベ SUSTEC PRO ZT40 KIT サステックプロ

<トヨタ C-HR>
型式 ZYX10
年式 H28/12~
エンジン型式: 2ZR-1NM
 ※NGX50は落ち幅が違います。

<車高調整幅>
 フロント:±0~-75mm
 リア:-55~-82mm
※データはS 確認グレード:S/2WD/1.8L

<バネレート/自由長>
 フロント 5K / 200mm
 リ ア 5K / 専用

<注記>
・フロント・リア共減衰調整の際ダンパーの取り外しが必要になります。
・リア純正アッパーマウント純正使用

全長式車高調
減衰力 40段

ツインバルブシステムを搭載しているのが特徴で、低速時の減衰力にこだわった車高調です。

落ち幅も8センチほどあり、C-HRを、ロー、ワイドに魅せることができます。

CUSCO(クスコ)street ZERO A

ラリーなどのモータースポーツで有名なクスコです。

サスペンションメーカーの「クスコ CUSCO」の車高調です。

street ZERO A は、street ZEROの上位モデルです。

フロント全長式で、ストローク不足による底突きを防ぎます。
減衰力はフロント・リア40段調整。

走りを楽しめる車高調です。

クスコ street ZERO A 車高調

トヨタ C-HR
型式 ZYX10
年式 H28/12~
2WD
エンジン 2ZR-FXE

全長調整式車高調
(リア ネジ式スペーサー)

減衰力調整
・フロント/リア40段

車高最大調整幅
・フロント:-50 to 0mm
・リア:-65 to -20mm

スプリングレート
・フロント:6kg
・リア:4.8kg

クスコe-con2対応
 
クスコ street ZERO Aの低価格モデルstreet ZEROもあります。

クスコ street ZERO 車高調

サスペンションの有名メーカーの「クスコ CUSCO」の車高調です。

street ZERO は、クスコの車高調の中でも低価格のタイプ。

フロント全長式で、ストローク不足による底突きを防ぎます。
減衰力はリアのみ16段調整可能。

走りを楽しめる車高調です。

クスコ street ZERO 車高調

トヨタ C-HR
型式 ZYX10
年式 H28/12~
2WD
エンジン 2ZR-FXE

全長調整式車高調
(リア ネジ式スペーサー)

減衰力調整
・フロント固定
・リア14段
(フロントも減衰調整できるのはstreet ZERO A 車高調です)

車高最大調整幅
・フロント:-40 to 0mm
・リア:-65 to -20mm

スプリングレート
・フロント:6kg
・リア:4.8kg

ハイパーマックスS-Style C

HKSは自動車用チューニングパーツメーカーです。

C-HR用の車高調の設定もあります。

・車高調整幅が広い F 0~-72mm/ R 0~-59mm (ZYX10)
・単筒式
・全長調整
 

ハイパーマックスS-Style C

有名なチューニングメーカーの
エッチケーエス HKS」の車高調です。

特徴はこのようになっています。
・単筒式を採用
・全長式
・減衰力は固定式

◆全長式なので、乗り心地をキープしたまま車高を変えることができます。

基本性能を備え、落ち幅もあり、見た目と走りを楽しめる車高調です。

シンプル構造ながら美しいスタイルと上質な乗り心地を実現する
S-styleのベーシックモデル

最大調整幅(mm)
フロント:0 ~ -72
リア:0 ~ -59

バネレート(kg/mm)
フロント:4.00
リア:5.00

アッパーマウント
・フロント:強化ゴム
・リア:純正

強化ゴムアッパーマウントにより市街地の走行を考慮してあり、静粛性、耐久性に優れています。
 

<セット内容>
・フロントサスペンションASSY×2
・リアショックアブソーバーASSY×2
・リアスプリング×2
・ライドハイトアジャスターASSY×2
・フックレンチ(大)×2
・タイラップ×8
・保証書/取扱説明書×1

オーリンズ 車高調 Type HAL

オーリンズはレースなどでも有名なメーカーです。

走りを楽しめる車高調
Type HAL 車高調 コンプリートキット

サスペンションの有名メーカーの
「オーリンズ」の車高調です。

コンプリートキット

車高調整サスキット
減衰力20段調整

走りを楽しめる車高調です。

オーリンズ Type HAL 車高調 コンプリートキット

トヨタ C-HR
型式 ZYX10
年式 H28/12~

商品タイプ: HAL / DFV

全長調整式車高調

減衰力調整
・フロント/リア20段

車高最大調整幅
Fr:-20mm(?20/+10mm)
Rr:-20mm(?20/+10mm)

スプリングレート
Fr:6kgf/mm
Rr:5kgf/mm

【自由長】
Fr:230mm
Rr:250mm

● アッパーマウントレス
アッパマウントは純正を使用します。
 

XYZ車高調 SS Type

ヨーロッパで実績を積んだXYZレーシングの日本総代理店が
XYZの車高調です。

SS Typeは、XYZの車高調の中でも乗り心地を重視したタイプ。

全長式で、ストローク不足による底突きを防ぎ、減衰力も30段階の調整が可能です。

XYZ 車高調 SS Type

トヨタ C-HR
型式 ZYX10
年式 H28/12~
2WD
グレード S,G

全長調整式車高調
30段階減衰力調整付

フロント・・・無段階キャンバー調整式NRピロアッパー
リア・・・純正使用

スプリングレート
フロント 7kg
リア 6kg

価格も10万円以下とリーズナブルです。

ラルグス車高調 Largus Spec S

サスペンションやエアサスのメーカーの「ラルグス」の車高調です。

LARGUS車高調のスタンダードモデル。

街乗りはもちろん、ワインディングやサーキット等でのスポーツ走行まで幅広く対応出来る扱いやすい特性を持ったSpecS

走りも楽しめる車高調です。

ラルグス車高調 Largus Spec S

トヨタ C-HR
型式 NGX50
駆動方式 4WD
年式 H28/12~
 (ZYX10の2WDの設定もあります)

全長調整式車高調

減衰力調整
・フロント/リア32段

車高最大調整幅(参考値)
Fr:644mm~730mm
Rr:675mm~745mm

ダウン量(参考値)F|R -88mm~-2mm|-84mm~-14mm

スプリングレート
Fr:6kgf/mm
Rr:4kgf/mm

【自由長】
Fr:190mm
Rr:240mm

定価:74,000円(税別)

LARGUS車高調のスタンダードモデルです。

エムズスピード M’z SPEED 車高調

ラヴライン アジャスタブルサスペンション
エアロなどでおなじみのメーカーの
「エムズスピード」の車高調です。

エムズスピード M’z SPEEDの車高調。

ラヴライン アジャスタブルサスペンション
リア14段調整

ラヴライン アジャスタブルサスペンション

トヨタ C-HR
型式 NGX50
駆動方式 4WD
年式 H28/12~
 (ZYX10の2WDの設定もあります)

ラヴライン アジャスタブルサスペンション リア14段調整

全長調整式車高調

減衰力調整
・フロント:なし
・リア14段

ダウン量(参考値)F|R
-45mm~-5mm
-70mm~-25mm

スプリングレート
Fr:6kgf/mm
Rr:4.8kgf/mm

※C-HR NGX50(4WD)

DGR フルタップ車高調キット

海外でも定評のあるサスペンションメーカーの「DGR」の車高調です。

低価格の車高調で車高もそこそこ落ちます。

(ディージーアールサスペンション)
減衰力:30段調整

DGR フルタップ車高調キット

トヨタ C-HR
型式 NGX50
駆動方式 4WD
年式 H28/12~
 (ZYX10の2WDの設定もあります)
 
「DGR フルタップ車高調キット」

全長調整式車高調

単筒式ショック

減衰力調整
・30段

ダウン量 F|R:不明です。

バネレート
・フロント:6 K
・リア:5 K

自由長
・フロント:220 mm
・リア:240 mm

車高調形式
・フロント:マクファーソン(ストラット)式
・リア:別対式

オプション
フロントのみキャンバー対応型ピローボールアッパーに変更可能
価格:30,000円(税別)/1セット
※アッパーを変更した場合、ブッシュ式アッパーは付属しません。

 
低価格で、全長調整式、減衰力30段とスペックは高いです。
ローダウン入門の車高調としてもオススメです。
 

車高調のメリット

・車高を自分の好みの高さにセッティングできること。
・減衰調整可能タイプは、減衰力を設定できます。
 (乗り味を変えることができます)
・全長式タイプは、ダウン量を増やしても、乗り心地の変化が少ないです。
・走りがダイレクトになり、走りを楽しめます。
 

車高調の取付

工具と設備が必要なので、自分で交換するのはおすすめではありません。

知識も必要なので取付難易度は高めです。
 (参考取付工賃は2万円~)

取付難易度5
 

以上が、現在の大手メーカーのC-HR用車高調です。

まだ開発中のメーカーもありますが、情報が入り次第更新していきます。
 

ダウンサスはこちら

⇒ C-HRのダウンサスのメーカーと種類一覧

 
いかがでしたか?
今回は、「C-HR用車高調」を紹介しました。
パーツ選びの参考なればと思います。

C-HRのドレスアップを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です