C-HRのオートブレーキホールド機能を自動でオン!取付や価格は?

C-HRのカーパーツ・カー用品。

オートブレーキホールドキット

C-HRの車内

C-HRのブレーキホールド機能を自動ONするキットです。

オートブレーキホールド機能が作動している間は、信号待ちなどで停止したときに自動的にブレーキがかかった状態が保持され、発進したいときはアクセルを踏めばブレーキは解除されます。

 
オートブレーキホールドキットを装着することで、エンジン始動時に毎回OFFになるブレーキホールド機能を自動でONにすることができます。
 (エンジンかけると自動でホールド状態になるので大変便利)
 

オートブレーキホールドキット Ver1.3

C-HR
年式:2016年12月~
NGX50 ZYX10

<セット内容>
・コントローラー
・専用ハーネス
・取扱説明書付き

エンジン始動時に毎回OFFになるブレーキホールド機能を自動ONします。
【HOLD】ボタン長押で、機能を完全にOFFさせることが出来ます。

オートブレーキホールドキットを毎回使用したい方におすすめのパーツです。

エンジン始動時に毎回OFFになるブレーキホールド機能を自動ON!
非常に便利なブレーキホールド機能ですが、エンジン始動時に毎回OFFの状態からスタートするため、毎回ホールドスイッチを押す必要があり不便です。当キットで毎回ON状態に変更可能です。

運転席シートベルトを外してブレーキホールド機能がOFFになった場合でも、シートベルトを再装着するとONにすることが出来ます。

純正戻し機能!
・機能を完全にOFFさせることが出来ます。(【HOLD】ボタン長押)

C-HRのパーツ選びの注意点

C-HRの内装

C-HRのパーツを購入する時は、注意点があります。

型式(駆動方式)、年式、グレード、年式によって適合が変わるパーツがあります。
 
<C-HRの型式>

  • 1.2Lターボ FF:DBA-NGX10
  • 1.2Lターボ 4WD:DBA-NGX50
  • 1.2Lターボ:2019年10月以降:3BA-NGX10
  • 1.8Lハイブリッド FF:DAA-ZYX10
  • 1.8Lハイブリッド FF:2019年10月以降:6AA-ZYX11

 
※C-HRは2019年10月マイナーチェンジしています。
 
<C-HRの年式>

  • マイナー前:2016年12月- 2019年10月
  • マイナー後:2019年10月-

 
年式、型式によってパーツの適合が変わるので、C-HRのパーツ選びの際には注意してください。

オートブレーキホールドキット Ver1.3 の取付

キックパネル内とグローブボックス裏で配線をします。
(パネルを外す必要があります)

HOLDスイッチ部分のパネルは外さずに取り付け。

説明書付きです。
DIY経験のある方にむいています。

取付難易度

C-HRのパーツ取り付けは、このような商品を参考にするといいです。

オートブレーキホールドキットの価格

ネット通販で購入可能です。

TOYOTA C-HR CHR専用 オートブレーキホールドキット

TOYOTA C-HR CHR専用 オートブレーキホールドキット

6,980円(09/23 17:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

いかがでしたか?
今回は、「C-HR専用 オートブレーキホールドキット Ver1.3」を紹介しました。
パーツ選びの参考にしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です