C-HRのリフトアップサス !タナベのSUSTEC UP210。車高アップ

C-HRのカーパーツ・カー用品。

C-HR

リフトアップサス

 
ドレスアップといえば、車高が落ちるダウンサスが一般的ですがこちらは車高の上がるリフトアップサスです。

サイド

車高を上げることをリフトアップといいます。

 
今回の車高が上がるリフトアップサスは、「タナベ SUSTEC UP210」です。
 
TANABE(タナベ)は、ホイール,マフラー,サスペンションなどを扱っているメーカーです。

SUSTEC UP210を装着すると、フロント、リアとも +28mm アップします。
 
あえてC-HRをローダウンではなく、迫力のアップスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか?
 
SUSTEC UP210

<対応車種>
C-HR
車両型式:ZYX10
エンジン:2ZR-1NM
年式:2016年12月~
※確認グレード/S 1.8L 2WD FF ハイブリッド

 
「SUSTEC UP210」

SUSTEC UP210の車高アップ量

  • フロント:+28mm
  • リア:+28mm

※車高はダウンではなく、アップします。

SUSTEC UP210のバネレート(kg/mm)

  • フロント 24.5N/mm (2.5kg/mm)
  • リア 32.3N/mm (3.3kg/mm)

 
オフロードスタイルで、ワイルドなC-HRにしあげてみてはいかがでしょうか?

C-HRのパーツ選びの注意点

C-HRの内装

C-HRのパーツを購入する時は、注意点があります。

型式(駆動方式)、年式、グレード、年式によって適合が変わるパーツがあります。
 
<C-HRの型式>

  • 1.2Lターボ FF:DBA-NGX10
  • 1.2Lターボ 4WD:DBA-NGX50
  • 1.2Lターボ:2019年10月以降:3BA-NGX10
  • 1.8Lハイブリッド FF:DAA-ZYX10
  • 1.8Lハイブリッド FF:2019年10月以降:6AA-ZYX11

 
※C-HRは2019年10月マイナーチェンジしています。
 
<C-HRの年式>

  • マイナー前:2016年12月- 2019年10月
  • マイナー後:2019年10月-

 
年式、型式によってパーツの適合が変わるので、C-HRのパーツ選びの際には注意してください。

リフトアップサスの取付け方法

整備

クルマを整備する環境(リフトなど)が必要になりますので、難易度は高いです。

スプリングコンプレッサーなどの工具も必要になります。

取付難易度5

アライメント調整は必要?

アライメントは、車の足回りの角度のこと。

車体にどのような角度で固定されているのかを知り、角度を調整する作業をアライメント調整といいます。

車高を落としたりするとアライメントが狂うことがあります。

アライメントが適正でない場合は、直進安定性に影響が出たり、偏摩耗が起こったりすることも。

足回り交換作業やダウンサスなどの装着時には、調整を行ったほうがいいです。

アライメントの参考価格は15000円〜です。

SUSTEC UP210 の最安値価格

楽天価格
⇒ SUSTEC UP210 C-HR 1台分
 

ヤフーショッピング価格
⇒ SUSTEC UP210 C-HR 1台分
 

Amazon価格
⇒ SUSTEC UP210 C-HR 1台分

 
ネットショップでは、ポイントアップキャンペーンなども行っていますので、購入時は、ポイントも考慮するといいかも知れません。

 
車高が上がるC-HRのサスペンション(スプリング)一覧
⇒ C-HRの車高がアップするスプリング
 

通常のダウンサスはこちら
⇒ トヨタC-HRのダウンサスのメーカーと種類一覧

 
いかがでしたか?
今回は、「C-HRのアップサス」を紹介しました。
パーツ選びの参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です